読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こうして解決! 職場の人間関係の悩み対処法

職場の人間関係の悩みへの対処法と解決法を伝授。私が人間関係の悩みを解消した方法について記述していくブログ。 いじめのトラウマを克服し、メンタル強化とコミュニケーション能力向上をしていくことで、昔の劣等感や否定感がなくなり、自己肯定感や自信が芽生えてきました。 人は変われます、変われるのです!

職場でいじめられやすい人の特徴 職場いじめでうつ病やストレス障害にならないで

私は子供時代にいじめを受けました。その後心の傷を抱えて、生きづらさをずっと感じながら生きてきました。社会人になってもです。f:id:noritetsucom:20161224134046p:plain

 いじめのトラウマの記事は下を参照してください

 


しかし職場でもいじめにあう人がいます。この職場いじめって最悪です。もちろん逃げて退職、転職することもできますが、今よりもいい条件の転職なんか実際ありえません。いい年の大人になってもいじめる奴がいるってことは憤慨ものです。

 

職場でいじめる側は実は小さなちっぽけなカスみたいな器しかありません。しかし、いじめる側が日頃のストレスのはけ口にして心がスッキリしているのに、イジメられる側がストレスをどうすることもできず、ズタズタボロボロのメンタルになっていきます。弱き者にすべてのストレスが押し付けられる社会構図です。弱肉強食です。

 

では、職場でもイジメられないようにするにはどうしたら良いでしょうか? それは職場でいじめられやすい人、つまりターゲットとして選ばれてしまう人の特徴をよく知ることだと思います。そして、そうならないように自分を強く変えていかなければなりません。

 

職場でも弱肉強食です。食われたら一生が台無しです。職場でいじめを受けたら死ぬよりも苦しいかもしれない人生がその後も続くのですから…。

 

  • 自己主張をせず、自分の意見を言わない人
    愛想よくしていても、周りに合わせてきても、何も自己主張してこない人は反撃してこないと思われます。だから弱肉とみなされてしまいます。直接的にイジメを受けなくても、過大な仕事を押し付けられて、残業を誰にも助けてもらうこともできず、過重労働とストレスで精神的に参っていくのも、そういう人の特徴です。

  • 対人関係スキルがない人、挙動不審な人
    職場の人間関係の中で浮いてしまう人は、コミュニケーション能力が乏しいわけで、挙動不審をいじめる側はバカにしやすいし、イジメの大義名分をもたせてしまいます。対人関係スキルを学生時代からずっと獲得できず、さらに社会人になっても、もっと皆から浮いてしまうと、いくら本でスキルを学んでも後の祭りです。根本的に自分を変える一大決心をしないと難しくなります。

  • 嫉妬される人
    いじめる側が劣等感を感じてしまうのはそいつの勝手ですが、嫉妬心のあまり対象者を引きずり降ろそうとします。これも大義名分がたつので、いじめる側は罪悪感を感じません。しかし、嫉妬された側も大義名分があります。何も悪いことをしていないのだから。よって毅然と反撃しましょう。ここでやられたら、長所も短所にしか自分でも思えなくなります。それが原因でいじめられているのですから。

  • 空気が読めない人
    職場は人間関係の中で形作られています。そこで空気が読めない人は、周りをいらっとさせます。それでも我が道を行く強さと覚悟があれば誰もいじめたりしませんが、中途半端だといじめの対象にされてしまいます。

  • 仕事が遅かったり、ミスが多い人
    こういう人はいじめられやすいです。自分たちの業務にもミスやスピードの遅さでしわ寄せが来るわけだから、いじめの大義名分を持ってしまいます(どんな理由であれ大義名分がないと人はいじめません)。ストレスのはけ口にされたり、攻撃対象となると、いじめられた側は精神的に参ってしまうから、もっとミスが多くなり仕事が遅くなります。どちら側にも最悪な結果になってしまうわけで、どっちにしてもいじめる側が悪いことは言うまでもありません。

職場のいじめは、たまたまその職場内での人間関係で運が悪かったから、自分が被害者になるというわけではないと思います。いつ嫌なパワハラ上司が異動してくるかわかりませんし、自分が嫌な奴らのところへ異動するかもしれません。

会社員(公務員)をやっていたら、異動はけっこうあります。運悪くいじめるような人間に出会ってしまったら、運の尽きですから。そうならないように、私たちが強くなっていじめられるような存在から脱していることが大事だと思います。

強さと覚悟と信念と生き様のどれか一つでもある人は、いじめられる要素はないと思います。
私はいじめられる要素をたくさん持った人間でしたが、今は自分でも生き様を持っているな、信念を持っているなと思えています。それが強さであり覚悟なんだと思います。

いじめられなくても、これらの要素がない状態で生きていても意味がないと思います。
だから、いじめられないためにも、強く生きて充実して生きられるためにも、根本的に変わっていきましょう!

 


もしも催眠療法を受けたいと思っているなら絶対にオススメしたい神業をもつ人

催眠療法は潜在意識から心の問題を解決できるという売り込み方をしています。でも私のいじめのトラウマは催眠療法をやっているセラピストの力では催眠技術の低さから解決が難しいものでした。それについてはこちらに書いています。 

それでも催眠療法は潜在意識を何とかしてくれそうな甘い誘惑があります。そこが魅力です。催眠療法に興味を持っていてその力で潜在意識を根こそぎ洗い出して、根本から解決したいと思っているのならば、絶対に能力が高いセラピストに相談して下さい。看板を掲げているところがみんな本物とは限りません。

催眠療法士は誰でも名乗れます。中にはまがい物もいます。催眠と言うもの自体嘘八百の世界じゃないので信じていいです。催眠はほんとうにあります。暗示の力は偉大です。


しかし催眠療法士の中に本物はほとんどいないと思っていいと思います。レベルの低い施術なら出来るので、詐欺ではありませんが。要は私のいじめのトラウマや日々のストレスを完全に払拭してくれるレベルには残念ですが達していませんでした。催眠療法を受けてきた人の話を聞いても、みんなそう言っていることからも、本物はほとんどいないのです。

 

催眠療法が効果的になる必須条件は深い深い催眠状態に入れることです。強烈な催眠状態に入れなければ何百回通っても効果は出ません。これは絶対に覚えておいて下さい。時間を無駄にしないために。

 


岩波先生の評判の高さは潜在意識や無意識や脳内系のキーワード検索をした人は目にしているかもしれません。岩波先生なら催眠療法で効果が出なかった人や催眠状態に深く入れなかった人や暗示に反応しなかった人でも確実に入れます

 

催眠状態という生ぬるいレベルではありません。驚天動地の感覚を味わいます。脳内のすごさと人間の本来秘めているパワーを強烈に実感できます。これを追い求めている人にとって神業です。ありえないと思うしかないしびっくりします

 

みんな通っている人はいずれそうなっていきます。私はいじめのトラウマなのか施術中にすごく嫌な気分になったこともありましたが、それがまさに感情を抑圧し続けて耐えてきた心が解放されている瞬間でした。理屈で考えても解消できなかったマイナスの心の塊が消えていきました。そしてすごく気持ちが楽になっていきました。

 

暗示もすごく入ります。岩波先生のすごいところはサクラをまったく混ぜずに、誰もが深い超越した催眠状態に誘導できるところと暗示に脳と心と体を反応させることができるところです。

 

嘘っぱちに見えるし、みんなサクラに見えます。初回の人が複数人いたとしても、その人達もサクラ、仕込みの人だと疑ってしまうぐらい信じられないです。しかし、みんな正真正銘通っている人です。他の催眠療法であんなに集団でやれるところは他にありません。催眠状態に入れていない人がいると白けるという理由からのようです。

岩波先生は催眠療法士が一般の教科書的な誘導テクニックを学んでいるのに対して、独自に開発して、独自に人間の脳内にダイレクトに訴求できる技術を磨いてきたことです。なので、岩波先生の技術はどんどん進化していっています。今現在もです。僕が通った時期よりも遥かに進化していました。これは最近岩波先生の技術を体験する機会があったので、昔よりもはるかに簡単にこちらの負担も雑念も邪魔にならないで、超越した催眠状態に入れました。今までの凄いと思っていた実感が小さく思えました。

 

催眠状態とは言わず脳覚醒状態と岩波先生たちは言っていますが。催眠療法で時間とお金をムダにしないためにも、本物の存在の技術に触れたほうが絶対にいいと思います。こう書いてきても初っ端から驚くことでしょうし信じられないと思ってしまうことでしょう。でもすごさははっきり自分の身を持って知ることになります。

 

怖さは未知への恐怖がどうしても出てくるのでゼロにはできませんが、催眠状態に全くかからず効果が出ないことのほうが恐怖です。しかも恐怖よりも、すごさの体感、自分が変わっていくことの喜び、いつも前回の体感実感を超えていくことの感動が勝っていくので、心配することはありません。

 

催眠療法士皆が岩波先生の弟子になったほうがいいと思いますが、決して真似出来ないですし、岩波先生も許可していません。なので岩波先生しかできないので、今しかその奇跡的な神業を受けられません。Hurry Up! です。

 

かなり岩波先生は自分の技術に自信を持っています。催眠療法など心理療法を過去に沢山受けてきた人に受けてもらいたいようです。絶対に比較して驚くし感動することになるのがわかっているからのようです。


それだけ自信がある人の技術を受けないのはもったいないです。海外の心理療法をたくさん受けてダメだった人も、高い飛行機代と時間と宿泊費をかけて通ってきているので、どれだけ岩波先生はすごいのかわかると思います。今受けないと一生後悔にすることになります。先生もいつまでも一般向けで誰でも受けたい人が受けられる形式でプログラムをやっているわけではないようです。

催眠療法の治療の効果の低さに幻滅

催眠療法。これが私を根本から変えてくれると期待をしていました。しかしそう簡単に私は変われないし人は変われないようです。

 

暗示の力で潜在意識から自分を変えることができませんでした。その原因はまず私の被暗示性の低さにあります。しかし後に被暗示性の低かった雑念と猜疑心だらけの私でも潜在意識の根本から解決できた方法に出会えたことから言ったら、やはり施術者の実力不足とも言えます。

 

催眠療法として立派にお金をとっているのであれば、払った分の感動、驚きを私にもたらしてほしかったのですが、効果もなく催眠療法のすごさもまったく感じられませんでした。ずっと私が悪いと思っていましたが、実は皆理想の催眠状態に深く入れていないことがわかりました。

 

催眠療法はれっきとした心理療法ですし、いろいろな心の悩みを解決するツールとしてあっていいとは思いますが、その実力と効果に見合った料金設定にすべきだと思います。

 

催眠に入れないのに、催眠に入れても謳い文句のように潜在意識から解決していく催眠状態にも入れないのに。催眠療法で良くなる人は、自力で良くなる人だと思います。もしくは時間が経てば悩みが氷解していくような人です。催眠療法は潜在意識から根本に変わるには難しいです。催眠が悪いのではなく、催眠療法士のレベルが低いのです。

 

はっきりってお世辞にもレベルが高いとはいえません。私の経験を通しても催眠療法に通ってきた人の話を聞いても、催眠状態にみんな入れていませんでした。人間は理性の塊ですし、雑念とメンタルブロックが潜在意識の前に渦巻いています。それを突破して潜在意識の奥深くの心の問題を解決できるのは、ちょっと不可能な気がしました。

 

リラックスはそれなりにできましたが、リラックスをしただけでストレスが根こそぎなくなることはありません。リラックスをさせてポワーンとさせたからと言って、問題が根本解決できるはずがないです。

 

本当の深い催眠状態というのは人智を遥かに超えた、理屈を超えた、物理的な理論を超えたすさまじい体感に入れるということです。催眠療法に興味を持っている人は現実を書いてしまいましたが、催眠療法には大きな期待をかけないほうがいいです。

 

催眠療法士には催眠誘導テクニックの他に総合的な人間力や反射神経が必要とされます。つまり催眠療法士は催眠の世界に身をおかなくても絶対に成功できる資質を持っていなくてはダメです。ひと目会っただけですごい人だなと思えるようなオーラを放っていない催眠療法士は、実力がないと思っていいと思います。

 

厳しく書いてしまいましたが、私が催眠療法などを経験して率直に感じたことです。

 

 

noritetsucom.hatenadiary.jp

 

職場の人間関係での疲労感でうつ状態に

このブログ記事は

noritetsucom.hatenadiary.jp

 からの続きです。

 

上司のパワハラやもともとの私が持っていた精神的なもろさが合わさって、私はうつ状態になりました。出社拒否症にもなりました。

 

これから、同じ職場で仕事をしなくてはいけないことを考えると、日々が憂鬱でした。憂鬱だから余計仕事の効率が落ちますし、そうなるとパワハラ上司から見たら、無気力で仕事熱心ではない部下というレッテルを貼られます。

 

集中力が無くなり、記憶力も悪くなり、判断力も鈍りました。雑念と空虚な意識に支配されて、仕事のスピードも落ちました。あらゆることで脳が衰えていったのです。あきらかにストレスによって脳が疲弊してしまったことが原因です。

 

そうなるともっと上司は私を追い詰めます。無気力状態のうつ状態になっていたことは事実なため、叱責を受けてもいい返す言葉が私にはありませんでした。集中力、判断力がなくなったのは自分自身が悪いからだと思っていたからです。

 

上司が悪かったと同時に私自身が本当に情けなかった! 「給料泥棒!」とまで罵られても、給料を窃盗しているんだと私自身が思ってしまうのです。

 

この頃は最悪でした。頑張りたくても体も心もついてきてくれないのです。それでも義務感と責任感から、あれ以上出社拒否症にならずに、出勤し続けました。

 

いつか状況が変わることを祈って・・・・・。私は自分に自信がなくなり、職場の人間関係でも、同僚や後輩との会話もひどく気まずくなっていきます。指示する立場にいても強く言えないのです。

 

私なんかに指示されて偉そうにされることをムカつかれている・・・という被害意識が高まってしまいました。どうせ私なんかに・・・・、私だから迷惑だ・・・この思いが先に来てしまいます。

 

自信もなくなり、無気力で、ミスも増えてしまい、結果的に職場に迷惑をかけてしまう状況に陥ってしまいました。そんな自分が情けなく、やけ酒を飲んで忘れようとして、肝臓も壊してしまいました。

 

心も体も人間関係も仕事も全てがうまく行かず、私はグロッキー状態でした。ただここでとてもラッキーな事が起きました。一時的にパワハラ上司が異動することになりました。

 

仕事ができるという評判だった上司は、一時的にあるプロジェクトで、異動することに。私はほっと一息がつけました。でも、制限時間があるもので、私の未来は暗いものでしかなかったけれど。

 

嫌な人間が職場から消えてくれたおかげで、少し余裕が出てきたとはいえ、うつ状態は改善されません。ほっとしたことはとても私にとって有りがたかったし、もし上司の一時的異動がなければ、うつ病となって休職にまで追い込まれていたことは確かです。

 

うつ状態は一向に上向かず、仕事のミスも多く、いい加減に私に切れる同僚も出てきました。周りとの人間関係構築の余裕がなかったため、彼らとの意思疎通が十分でなかったことが大きいと思います。

 

上司のパワハラでコンディションが崩れていたと思っていた人たちも、うつ状態が続いて、人間関係も満足に築けなくなっている私(本当におかしくなっていました)に、もともと「上司に怒られて当然」という陰口をいう人も出てきました。

 

これに私は物凄くショックを受けました。私も職場の皆と仲良くやりたい気持ちはとても強かったです。でも、やり方がわからなくなっていました。脳に霞がかかっていたと思います。もしかしたら、私はうつ病になっていたのかもしれません。

 

なぜかというと、うつ病になると、人間関係が億劫になって、脳に霞がかかって、人間関係を普通に築けなくなるそうです。私はもともと人間関係に不安を感じていたけれど、最低限のやり取りはできていました。

 

でも、それすらできなくなっている私である事実を突きつけられた時、私はやばい、どうにかしないと、私はぶっ潰れてしまう危機感を持ちました。

 

それまでだって自己啓発セミナーに参加したり、自己啓発書を呼んだりして、自分自身を変えようと努力してきたけれど、その時期以降は、私という存在そのものを根底から変えていかないといけないと思いました。つまり、心理療法による治療法です。

 

まずは私のうつ状態をどうにかしないといけない。パワハラ上司がいないにもかかわらず、職場の同僚とうまくいかなくなっている事実は、奴が帰ってきたら、確実に「会社員的死」を意味することははっきりしていたからです。

 

毎日ストレスで憂鬱で仕事も満足にできない自分へのストレスと申し訳無さで、自分で自分を責めていました。とにかく苦しかった。半分うつ病になっていた私は、自分を何とかしないと確実に終わることだけは悟ってました。

 

そこで私が目をつけたのが催眠療法です。いじめのトラウマも大きく関係していることはわかっていたため、潜在意識からトラウマを取り除きたかったのです。

 

暗示の力でうつ状態も治したかったし、絶好の心理療法だと思いました。潜在意識に関係する本も同時に読みました。これらが成功するにはまだまだ時間がかかったのですが、ここで行動を起こしたことは本当に良かったです(催眠療法には幻滅しましたが)。

 

この頃私は趣味も楽しめなくなり、テレビを見ても全く面白く感じなくなっていました。酒を飲んで寝ることだけが私の幸せでした。しかし、アルコール依存症一歩手前にまでなってしまったため、もし私が精神的なダウン状態が改善されなければ、心もぶっ壊され、体も壊れて、重度の精神障害、身体障害にもなっていたかもしれません。

 

今こうして解決できたことは私にとって奇跡的なことです。一歩間違えたら、私は地獄行きの船に乗って、三途の川を渡っていたのです。

 

 続きや関連記事はこちら

noritetsucom.hatenadiary.jp

  

noritetsucom.hatenadiary.jp

 

 

 

noritetsucom.hatenadiary.jp

 

 

出社拒否症 職場の人間関係のストレス、パワハラ上司が原因

私は職場の人間関係でつまずき、出社拒否症になってしまいました。心では会社に行かなくてはいけないという強い使命感があったけれど、体がついてこなくなりました。

その原因は上司のパワハラと、職場の人間関係で生じたストレスでした。

 

出社拒否症はうつ病と似たようなところがあり、私はうつ病になっていたんだと思います。私が勤めていた会社は決してブラック企業ではなかったのですが、ブラック上司がいました。

 

理不尽な上司の叱責に耐えに耐えてそれまで仕事をしてきました。いつか上司に認めてもらえると思い、精一杯努力してきました。

 

しかし、上司は決して私を認めず、他の社員の前で皆に聞こえるようにあからさまに私を怒鳴りつけました。

「お前、こんなこともできないでどうする!」「何度言わせるんだ、バカ!」「お前、俺の足を引っ張ろうとしてるんだろ!」「お前みたいな愚鈍な社員ははじめてだ」「お前は仕事するな、給料泥棒が」「やめろ、今すぐやめろ」こういうことを言われたことがあります。

 

上司のことは夢にも出てきました。ひたすらその上司の前で私は平身低頭で、愛想笑いをしている夢でした。上司になんとか気に入られようとするその姿勢、何も言い返せない自分が情けなく感じる程でした。夢だから無意識が出てしまい、偽らざる私の情けない姿に直面してしまったのです。

 

格闘技でいくら鍛えていても、肝心の時に言い返せない自分が情けなかった。それ以来、私は不眠症になり、仮に眠れたとしても中途覚醒してしまい、朝出社する時、身体的にもきつい状態でした。

 

会社に行ったら行ったで、上司が傍を通るだけで動悸が激しくなり、息苦しくなります。深呼吸して落ち着かせようとしても、焼け石に水でした。

 

そんな精神状態だったので、ミスも増えてしまい、上司に怒られることの繰り返し。私は自分を変えるために自己啓発セミナーに参加しましたが成長することはなかったです。

 

上司のパワハラは、私が小学生時代に受けたいじめの心の傷を呼び起こしました。イジメのトラウマがあったため、上司に言い返したくてもどうしても言葉が出てきません。そんな自分が悔しかった!

 

昔の心の傷をえぐられたうえで、私のプライドを無視する暴言の数々。それでも私は必死で耐えようと思いました。心に抑圧をして、へこたれずに頑張ろうと思いました。

 

しかし、心は正直です。特に無意識はそうでした。いくら苦しい感情を抑圧しても、うつ状態という形で私に襲いかかりました。

 

出社拒否症候群になり始めたのは、その頃からです。朝になると憂鬱で、体が動かなくなります。無理やり出社していましたが、いい天気の朝でさえ、私には薄曇りに見えました。

 

上司との人間関係を構築する本をたくさん読み、いい関係になろうと努力しても、できなかったです。上司は私のソリの合わない同僚には叱ったりしません。私にだけ親の敵のようにきつく当たりました。それもきつかった。

 

女子社員からも「あれってないよね」と慰められたりしましたが、それも悔しかったです。私のプライドが傷つきました(これは私の狭量なプライドのせいですが)

 

別の上司や然るべき相談機関に訴えようかと思いましたが、これも私のプライドが許しませんでした。プライドは厄介です。ひたすら私は我慢し、抑圧を止め続けてきました。

 

その結果がうつ状態に陥り、出社拒否症になってしまったのです。私が憂鬱な気持ちになったのは、その上司が会社上層部からウケが良いことでした。もし上司と私をどちらか選べと言われたら、私はまず選ばれなかったでしょう。

 

私は二日連続して仮病で休みました。このままでは社会人失格だと思い、無理やり出社しましたが、状況はなんにも変わりません。

 

上司が憎くてたまらなかったけれど、何よりうつ状態だった私は、自分が情けなくてたまりませんでした。そんな自分が大嫌いになりました。

 

将来を悲観し、自己否定ばかりしている鬱人間だった私でも、変われる手段があったのですが、その当時は孤立無援状態でした。生きていて良かった思いは何一つなく、私生活もうまく行かず、人生を呪っていた時期です。

 

 

 

noritetsucom.hatenadiary.jp

 

 

noritetsucom.hatenadiary.jp

 

 

noritetsucom.hatenadiary.jp

 

自己啓発セミナー合宿体験記 その効果と危険性についての体験談

私は自分に足りないものを補うべく、自己啓発セミナーの3日間合宿に参加しました。パッとしない自分を大変革したかったのが一番の動機でした。

 

職場の人間関係に行き詰っていた私は、自分がパワーアップしたら、人間関係もいい方向に変化があると思っていました。スキルアップし、その能力を人から認められ、職場環境の空気の通りを良くしたかったんですね。

 

まあ、今となってはあまちゃんな考え方だったけど。 きっかけは、学生時代の知人Hが誘ったことでした。

 

Hも自己啓発セミナーを受けたそうで、「すごく成長できた」「受けていたなったら、社会で挫折していた」と熱く語っているので、興味を持ち始めたんですね。

 

はっきりいって、乗り気があまりしなかったです。だけど、参加しなくちゃ何も始まらないため、えいやっ!と思い切って受けることにしました。

f:id:noritetsucom:20161224133912j:plain 

 

内心、ドキドキだったし、自分にこなせるのか心配だったです。 自己啓発セミナー合宿には、企業経営者から起業を考えている人、キャリアウーマン、意識が高いビジネスマンなど沢山の人が参加していました。

 

どんな人も、結局は自分の現状を変えたくてきているわけで、その真剣さに私は圧倒されました。 鼻息が荒い人も多く、ちょっと付いていけそうにない雰囲気の中、それでも三日間、しっかり頑張ろうと思いました。

 

講師の講義はとても理論的でありながら、熱がこもっていて、思わず私は身を乗り出して聞いていたぐらいです。

 

しかし、いい年をした身なりが立派な社長さんが、講師にボロクソになじられているのを見て、びっくりしました。ここから、精神的圧迫合宿が始まったのです。

 

逃げ場のないところで。 私にも畳み掛けるような、考える暇を与えないような強圧的な口調で、機関銃のように私を罵倒します。ちょっとでもマイナスのことを口走ると、さらに追い打ちをかけてきます。

 

無理やり精神的に追い詰め、やけを起こさせ、大きなことを口走らせる。そこに人格を崩壊させ、自我を決壊させ、徹底的に洗脳しようとする意図があったと思います。

 

のちのち来る勧誘行為のために。 私だけではありません。他の参加者など、もっとひどく雷が落とされていました。よくここまで罵倒の言葉が出てくるなと感心するくらいに。まともな判断力、思考能力を奪い、感情の堰を崩壊させる目的でしょう。

 

あとすっかり引いてしまったのが、『母親に電話で感謝の気持を伝える』ことでした。中には号泣して「ありがとう! 今まで育ててくれてありがとう! お母さん、愛しています!」と電話する者もいました。

 

さすがにそこまで私はできずに、もやもやな精神状態のまま合宿が終わりました。 今思うと、あまりに稚拙で原始的な自己啓発セミナーでした。

 

参加者の中にはすごくモチベーションが上がっていたのも事実です。だけど、調べてみると、そのモチベーションは長続きするものではなくて、エネルギー切れの失速状態になるようです。

 

一時的な精神的な高まりが、自己啓発セミナー合宿に参加してよかった!感を出すのだろうけど、私はすっかり蚊帳の外に心が置いてけぼりにさせられたので、なんだかな~っていう感じです。

 

紹介してくれたHとはもうそれっきりです。

 

僕が徹底的に幻滅してしまったのが、合宿の最後の最後で、『合宿の成果を見せるために、何人かを勧誘してくること』というお題目を与えられたことです。 参加者の中で視野が狭くなって、モチベーションバカになっていた人は、10人! 20人!と息巻いていました。

 

皆が何人勧誘するか宣言していた時、私は5人と言っておきました。なんか虚しかったです。講師は私のやる気の無さを見抜いていたのか、すごく厳しい目で私を見ていたのが印象的でした。

 

もうこんな自己啓発セミナーには参加したくない! そう心に決めました。結局私は何にも変化がなかったんですね。

 


 自己啓発セミナーにたくさん参加された方の体験記は下記にあります。(みんな岩波塾の門下生です)

 

 母子家庭で母親に楽をさせてあげるためにお金持ちになろうとして、たくさんのセミナーを受けてきた風祭さんのブログです。

 

自己啓発セミナーの弱点について経験豊富なTamamoriさんのブログです。

 

1500万円(!)も自己啓発や精神世界に投資して自分と人生を変えようとした社長の心の旅。自己啓発セミナーで自分を変えることが大変です。

 

自己啓発本自己啓発セミナーではなぜ成功できないのか? 鋼太郎さんの経験から学んだ答えを書いています。自己啓発マニアになってしまうと自分を変えることができなくなる恐怖を描いています。

 


当ブログ 他の記事紹介




岩波先生のプログラム経験者でいじめ体験談を書いてくださっている方のサイトを紹介

 

いじめのトラウマを抱え、対人恐怖症や社会不安障害になってしまった方のサイトを掲載します。

いじめにかぎらず、これから先に私達が心健やかに強くたくましく生きるためには、過去の心の傷と決別しなくてはいけないと思います。

私はいじめのトラウマと、そこにこだわり続けた人生にけりをつけることができました。

そこからはすごく楽です!

 

これから紹介するサイト主の皆さん(そして私の先輩!)も、同じような心境だと思います。

人間関係を良好にするにも、やはり自分という土台をしっかりさせないと始まらないと思います。

自分を取り戻せさえすれば、職場で嫌な上司や嫌な同僚がいくらいても、たくましく生き抜いていけます!

 

だから、頑張りましょう!


イジメのトラウマを克服し乗り越えた先輩方 

emoji

mentalman.blog99.fc2.com

emoji

kandatatokumonoito.web.fc2.com

members3.jcom.home.ne.jp

emoji

shugarboydepression.blog62.fc2.com

 


こちら↓も同時に読むといいと思います。

人間関係について、人間の心理について、目からうろこな話ばかりです。
岩波先生の言葉・講演集↓

www.mind-artist.com

 

_______________________

ノリテツが書いた『いじめとトラウマ』に関する過去記事 あわせてこちらもお読みください

noritetsucom.hatenadiary.jp

 

 

noritetsucom.hatenadiary.jp

 

 

noritetsucom.hatenadiary.jp

 

いじめのトラウマを克服して(岩波先生プレゼンツ脳覚醒状態の絶大な効果)

悩みに過度に取り憑かれてしまう人は、必ず大小の心の傷があったり、もろくなる流れがあって現在に至っているわけです。私の場合はいじめのトラウマがその後の人生を決定づけました。

 

つまり人は悩むからには悩むだけの素材を心のなかに持っているわけです。弱点があるのは、弱点が生じるだけの経験が内面にしまい込まれているんです。

 

それが手の届く位置にあるのならば自己解決もできます。しかし、心には深層と言われるレベルがあり、そこにある悩みの素材は普通の方法ではまず手が届きません。

 

恵は私達を高めてくれるけれど、潜在意識や深層意識には無力すぎるんですね。

 

自己啓発セミナーで言われる「潜在意識を高めれば成功できる」ということも無責任すぎる気もします。成功できる人のほうが少数派なわけだから、どんだけ潜在意識が厄介なものかわかってくれると思います。

 

残念ながら多くの催眠療法自律訓練法といった潜在意識との対話を行う方法も、もっと次元の違う深さを誇る深層部には手が届かないのです。何かが心の奥に潜んでいるのは感じているけれど、どうにもできないもどかしさの中で私は生きていました。

 

いじめのトラウマはまさにそれです。 いじめは私の歴史からは決して消せません。

 

心も執着し、それにとらわれているから、劣等感や人間不信、コミュニケーション能力不足にまで至ってしまって、苦しい思いをたくさんしてきました。なにせ明るく楽しく生きられないのです。

 

心の底はどうにもできませんね。だから催眠に興味をもつようになり、行き着いたところは

www.mind-artist.com

という研究所をやっている岩波英知先生の心理脳内プログラムでした。

 

おそらく岩波先生の技術(※最近は脳覚醒技術というらしい)は、最も深い心の深層部に手を届かせるレベルにあります。 世の中で高く評価され、また一部には理解されないほどの飛び抜けたありえない技術です。

 

この脳覚醒技術が、従来不可能だと思われていた無意識の処理を可能にしてしまったそうです。 トラウマを気にしないようにしよう、受け入れてしまおうという思考にどうしても感情が追いつかない。

 

トラウマを受けいれたいのに受け入れられないこの矛盾した状態に答えを出せるのが岩波先生の脳覚醒技術でした。

 

私も催眠療法を受け、催眠の本、無意識の本を沢山読んできましたが、どれも理論だおれでした。レベルが低すぎてあっけにとられるぐらいのものです。

 

常識で考えれば、人間の批判力や理性が制限されて深い催眠状態に入れることすら、そして暗示にかかってしまうことすら難しいとわかるはずです。人間の批判力や理性の力をなめてはいけません。ことごとくプラス暗示を弾いてしまいます!

 

普通の状態でいきなり「あなたは楽になる、楽になる」と暗示をかけられてもかかってしまう人間なんていません。ましてや悩みが深い人間は批判力、人間不信の塊なのだから、暗示なんて余計かからないんです。

 

私もそういう人間でしたから、批判力だけが増してしまって、催眠療法は芳しくない結果に終わったのです。

 

一方、岩波先生の脳内の奥深くと無意識の奥底に誘導する技術は、思考に感情が追いつく状態になります。この場合の感情は過去の出来事を受け入れたくない、認めたくない、ないものとしたいという拒否反応で、とても強力です。

 

だからいくら思考で理論的に納得しても、感情までは説得できません。しかし、感情が説得できてしまうのが、岩波先生の技術の凄いところです。

 

トランス状態の体感の突き抜けた感覚は言葉で表現できないものです。ただひとつ言えることは、そこ以外では一生味わえない感覚であること、この感覚は何かを悟れるほど深く可能性に満ちた状態だということです。

 

とにかくすごさと感動(喜び)と効果です(人によって最初の反応は違いますが、いずれその世界に入っていきます ※課題をこなしていけば行くほど早くに)。

 

感情が自分の説得に聞く耳を持ってくれるため、例えばいじめについての解釈を変えることが可能になります。私も岩波先生からいじめのトラウマ解消のための説明(暗示)を深いトランス状態に入った時初めて入れてもらいました。

 

そうすると不思議と、すぅーっと何かが剥がれ落ちた感覚がしました。すごくホッとした感情と極上のリラックスがその後寄ってきました。私が母親のおっぱいを飲んでいた時以来かもしれない究極のホッとした感覚です。

 

どんだけ私はトラウマを抱えていたんだと、その時改めて悟りました。これじゃあ、病むな、病んで当たり前だ、悩んできて当然だし、潜在能力を存分に発揮できないのも当然だし、人間関係なんかうまくやろうとしたくてもできないものなんだと気づくことができました。

 

いじめのトラウマが現在につながっているのは頭では理解していたけれど、この時初めてつながったのです。感情的にピンとつながったのです。

 

あ、そういうことか! そうだそうだ! とものすごく嬉しかったです。この感覚は岩波英知先生のもとで治った人ならわかると思いますが、まさに私の全存在をかけて腑に落ちた瞬間でした。

 

この時から急速に私に自己肯定感が芽生え始めたのです。

 

 

いじめとトラウマに関連するノリテツがかいたブログ記事

noritetsucom.hatenadiary.jp

 

 

noritetsucom.hatenadiary.jp

 

 

noritetsucom.hatenadiary.jp

 

 

noritetsucom.hatenadiary.jp

 

 

いじめのトラウマを私はどう克服することができたか

結局のとこ、私の職場での人間関係のつまづきは、いじめを経験した心の傷から発する人間不信、劣等感、自己否定感、アイデンティティの欠如、コミュニケーション能力熟成の場の逸失、自信喪失が原因であることは火を見るより明らかでした。

 

どうやってスキルを向上させるべきか、話し方のテクニックを上げていくか、本を沢山読んできても、それで簡単に上達するようだったら世話ありません。いくら何をやってもスキル向上できない自分にまた劣等感を感じる始末です。

 

苦労はスキル向上だけではありません。私の潜在意識に巣食う心の傷をどう処理し、トラウマをトラウマとしなくさせるにはどうしたらいいのかてんでわかりませんでした。

 

たしかにトラウマに関する本を沢山読み、いじめ関係の本も読みました。どれも読んでいて気分が悪くなるものだったけれども(シンクロしてしまった)。しかし、トラウマがあることだけは知覚しながらも、どういう処理方法で心の重荷がとれるのかまでは、どんな本も示してくれていなかったのです。

 

いじめのトラウマを受け入れなさいと書いていたり、愛によって傷は癒えると書いてあったり、トラウマはそのままにしつつも自信を得られるチャレンジをしなさいとか、思考の改善によってトラウマでなくすることができると書かれてあったり。

 

どれも抽象的すぎて、受け入れろってどういう感覚? 思考の改善ってどうするの? プラス思考ができなくなっているから無理でしょと思ったり、とにかく実現させる方法までは実際にさせてはくれませんでした。

 

それもそのはず、それが本なのだから。 結局理論や理屈や理念では決していじめのトラウマを克服できないことに気づいたことは大きな収穫だったでしょうね。どちらにしても心の傷がうずかせてしまっただけで、表面の意識に登ってきたため、本を読んでも昔の苦しみで顔が一時期しかめっ面ばかりだったと思います。

 

いじめのトラウマは決して事実を事実として消すことは不可能です。実際起きてしまったことなのだから。問題はトラウマにどう向き合うかです。受け入れろというのはそういうことですが、受け入れられないのだからしょうがない。

 

感情的に絶対に受け入れてはいけないと私の全身が拒否をするわけです。いわゆる思考に感情が追いつかない状態ですね。

 

私のコミュニケーション能力不足を補うために、話し方やコミュニケーション関係の本も読みまくりました。自己啓発セミナー成功哲学系のプログラムにも参加しました。それは後に書いていきたいですね。

 

結局、原点はいじめの記憶だということに立ち戻り、どうにかしてトラウマを克服しないといけないと強く思い始めました。

 

私の職場での人間関係が不得手な原点です。 そうなると、思考に感情が追いつかないのであれば、催眠状態に入ることでトラウマの処理をしていくことがいいとの結論になりました。

 

あくまでこれは理論上の話で、催眠療法ではなかなか深く根付いたトラウマまで処理できないのですが。実際私は二軒の催眠療法を受けましたが、どれもがっかりでした。ただの理想論にすぎなかったのです。

 

つまり実力が理想に全く追い付いていない状態です。 巷にあふれる催眠療法はレベルが低すぎです。そんなものでお金を取るなと思います。

 

まあ、それはまた別の話なんですが。 しかし方向性は間違っていませんでした。思考を超えた感情の世界に入ることができれば、しかもそれが深ければ深いほど心の内面の処理が可能になるわけです。あとは理論だけじゃなく、実際に無意識の処理が可能ならしめるプロ中のプロに出会うことだと。

 

世の中にはいろいろな人がいるものです。私にとって、脳と潜在意識の分野において世紀の傑物たる存在の先生に出会うことになりました。

 

きっかけは口コミの評判の高さです。とにかくすごい、すごいと。別格とか別次元とか比較してはいけないほどレベルが抜けていると。

 

催眠療法にたくさん通っている人でも、ぜんぜん違うというその実力に私は興味を持ちました。しかもその先生自身がコミュニケーション能力が抜群だと聞くともうこの先生しかないと思い始めました。

 

その先生の名前はこのブログでも何度も出ているように、岩波先生のことです。非常にあけっぴろげなまさにコミュニケーション能力抜群の人ですが、鬼のような催眠トランス技術レベル【脳覚醒技術】の高さにはびっくりしました。

 

感動もしましたが、「え、なんだったんだ?」というぐらいインパクトがずば抜けていました。このトランス【脳覚醒状態)の質も後々より上質なものに変わっていくわけですが、最初の衝撃は忘れられません。まさにディープインパクトです。

 

この技術と特殊な意識が非常に変容する流れによって、私は劇的に心の根っこが変化しました。強くなり、ちょっとしたことでへこたれない人間になれました。

 

もちろんトラウマなんか関係なくなり、私は子供の時から抱えてきた多大な抑圧を消滅させることができたと思います。そこいらの自己啓発セミナーを受けたり、何百万円分の本を読み重ねても、その何十倍もの効果を得ることができたのでした。

 

この催眠状態のはるかに強化されたトランス状態(脳覚醒状態)でなれば、私のずっと抱えてきたいじめのトラウマも処理できるだろうと希望が湧いてきました。ついに本物に出会ったと多くの方が思う経験を私もしました。

 

涙がでるくらい嬉しかったです。やっと変われる、今の苦しい立場から脱することができると!

 

結局岩波先生のもとで、脳覚醒プログラム、会話の格闘術やあがり症克服プログラム、話し方弱点克服プログラムといった心理・脳内プログラム群をうけました。トラウマ処理をすることで私がずっと苦しんできた過去のいじめの辛い心の傷を治すことができました。

 

この事についての詳細も今後描写していきたいですね。

 

いじめと心の傷に関するノリテツの体験と記事はこちら

 

noritetsucom.hatenadiary.jp

 

 

noritetsucom.hatenadiary.jp

 

 

noritetsucom.hatenadiary.jp

 

 

noritetsucom.hatenadiary.jp

 

 

noritetsucom.hatenadiary.jp

 

いじめとトラウマ ──私が自信喪失になった原因──

いじめ、これは一人の人間の尊厳を踏みにじる卑劣な行為。厄介なのはいじめている本人らは何の罪の意識がないということなんですね。

 

いじめられている側だけが、下手をすると一生心の傷を抱えて生きなければならない。 心の傷といっても、トラウマは自動的に治ることはない。いつでも傷口がうずいてしまう。心の傷がうずくたびに、いじめられた人間の心は病んでいく・・・

 

私もいじめられた側です。私の個性を押しつぶし、主体性を損なわせ、生きる意味を失わせた卑劣な行為を受けました。いじめられた人間の数だけ心の傷があり、死ぬまで悪影響を与え続けるわけです。

 

自分自身の内面に向かっては自己否定の念、自信喪失、アイデンティティの欠如といった方向に進み、外側に向かっては劣等感、疎外感、敵意といった感情が起きます。

 

人間って残酷ですね。自分が楽しむなら、自分がされたら嫌なことでも平気でしてしまう。いたぶりつくし満足するとさらに楽しむためにいじめる。満足できないと満足するまでいじめる。どちらにしてもいじめつづける。

 

本当に奴らには殺意を持ちました。しかし反撃すらできない自分がもっと情けなく感じました。悔しいし、でも言い返せない。やり返したらもっと何倍もいじめられる恐怖で、ボロボロの精神状態で毎日学校に行っていました。

 

親にも言えません.。毎日孤立無援、孤独で孤独でしょうがありませんでした。しかし、親の悲しむ顔を見るならば自分の中でおさめておいたほうがいいと子供心に思ってしました。

 

でも、母親の愛情だけが私の生きる意味を与え続けていました。今はいじめのトラウマを克服して、のびのびと生きられるようになりましたが、あの時の母親の愛情と優しさがなければ、私の人生は途中で折れていたかもしれませんね。

 

人に不信感を当然のように持った私は、人との距離のとり方がわからなくなりました。どこまで距離を詰めればいいのか? 

 

遠かったら疎遠のまま、近づいたら相手が嫌な顔をする。いや実際には嫌な顔はしていなかったもしれません。私の怯え、不信感、自信の無さがそう感じさせたと思います。

 

それに私自身人からいじめられたり嫌われたりしないように、人に合わせるようになっていました。自分を殺して、普通に生きるためにとにかく自分を出さないように、エゴを出さないようにしていました。

 

これでは心がボロボロにどんどん朽ちていくのも無理はありません。当時は人に合わせる事こそ正義だと思っていましたので、この思考がどれだけやばいものなのかわかっていませんでした。気づいたのは人間関係での悩みに行き詰まってどうにもならなくなり、英知先生のあがり症克服プログラム、メンタル強化プログラム、会話の格闘術を受けてからです。

 

エゴを充たさない生き方は、太陽が当たらない植物と同じで、光合成ができない心にパワーは宿ってくれません。そんな生命エネルギーのない自分もない人間に、学校の仲間も職場仲間も認めてくれることなんてないと今は知っているのですが、当時は自分自身そのものの問題(DNA)があるからだという絶望感に包まれていたのです。

 

とにかくいじめは下手すると50年単位で心に悪影響を与え続けるでしょう。私がおじいちゃんになっても、ゲートボール場での人間関係でいじめの悪影響は必ず受けていたでしょうし、そこでもどこに行っても人間関係の悩みで押しつぶされていたんだと思います。

 

いじめのトラウマはほっておくと、死よりも悲惨な人生に変えてしまいます。トラウマを破壊し、心の傷を埋めて、そこから派生した様々な劣等感などのマイナス感情を抑えていくしか、いじめを乗り越える道はないでしょう。

 

その場で反撃できるならば、トラウマにもならなかったかもしれませんが、一度心の底に刻み込まれた恐怖や不安感は、いまさら拭い去ることなんて普通のやり方じゃ無理だと思います。

 

 

いじめ関連の私の記事はこちら

 

noritetsucom.hatenadiary.jp

 

 

noritetsucom.hatenadiary.jp

noritetsucom.hatenadiary.jp

 

 

職場には嫌な上司がわんさかいる。その人間関係の中で生きていく覚悟


職場には嫌な上司がたくさんいます。こればっかりは運です。しかし、最悪な上司に当たって、自分は運が悪いと嘆くだけでは何にも解決しません。運が悪いのを、最悪に変えてしまっているのは実は私たち自身なのです。人生や会社生活は、自分でいくらでも変えていけるものなんです!

パワハラなどを上司にされて、『うつ病になる、自律神経失調症になる、不眠症になる、社会不安障害になる、会社恐怖症になるという人は多いはずです。上司がそばに来るだけで、上司の声が聞こえるだけで、気分が悪くなります。しかし、そういう上司ほど、実は「孤独、傷つきやすい、病んでいる」ものなんです。

だから、それを悟られないために部下に強圧的に接してしまうわけです。彼本人もそれを認めたくないから、気づいていないかもしれませんが、そういう上司は内心鼻で笑ってやりましょう。上司がちっぽけに思えたらこっちのものです!

私がお世話になっている岩波先生という方がいます。カリスマで脳の魔術師といわれている神業を持つ心理・脳内コンサルタントの先生ですが、色々とアドバイスをもらいました。

(岩波の言葉・講演集↓

www.mind-artist.com

というものがあります。先生の考え方や職場の人間関係対処法、無意識攻略法が書かれてあります。たくさんのジャンルが書かれてあるので、ジャストな記事を読んでいくといいと思います。

人間は誰でも心の傷をどこかで負って現在に至っているものです。そういう強圧的な上司は、必ず大きな心の傷を受けているから、まともに部下と人間関係を築けないんです。淋しい人間だと言うことです。つまり、上司>部下という力関係ではなく、実はそういう上司は、どんな人間よりもみみっちいものです。

彼らは、どうやって部下と接していいかわかっていません。どういう表情で、どんな言葉をかけていいかわからなくて、実は悩んでいます。そういう小さい人間に、振り回されて、こちらがうつ病になったり出社恐怖症になったり自律神経がおかしくなるのは、それこそおかしいはず。

私も実は強圧的な上司に怯えて生きていました。パワハラとストレスで胃潰瘍にも自律神経失調症をにもなったことがありました。会社恐怖症にもなりましたし、月曜日が非常に怖かったものです。心臓がばくばくになって、彼の前では言葉を発することすらなかなかできず、よく叱られました。その叱り方も、こちらの人間性を踏みにじるものです。その血と涙の体験記はまたの機会で、詳細に書きたいと思います。

しかし、私は岩波先生のもとで、上司の心理もそういう(みみっちい)ものだし、その潜在意識はボロボロなのだと気づかされてからは、心に余裕が出てきました。彼も私も変わらないのだ、いや彼の方が実は病的で、怯えて生きているのだと! それに加えて、私自身、覚悟を決めて会社に行き始めてからは、本当に嫌な上司が小さく感じたものです。その時の感動は私の忘れられない経験でした。奴が小さくなったのか私の気持ちが大きくなったのかわかりませんが。
 
覚悟と書きましたが、私の覚悟は暗示を無意識に叩き込むことで身につくことができました。覚悟の暗示は岩波先生に脳に焼きつかせてもらったのですが、「自分主体で生きてやる!」という暗示です。上司に振り回されていた時の私は、常に受け身で病的に怯えていました。上司が咳するだけで私が肺炎にかかるほど、増幅されたマイナスを受けていました。すべて、私には主体性がなくなっており、上司にばかり「主」を置いてしまったからです。

ここで終わりにしておきますが、みなさん、主体的に生きていますか? 私は生きてはいませんでした。いつのまにか主体性がなくなり、常に人の顔色をうかがう「受け身人間」に成り下がっていました。私自身がない、ということだから、人生に張りがなく楽しい思いは少なくなっていました。その強化版がうつ病です。

これから主体性という傍を、再び私たち自身に取り戻していきましょう!

主体性について、同じ門下生?の

shiun74.blog100.fc2.com

があり、詳しく書いています。ご参考下さい。私も自分自身の体験をこれから書いていこうと思います。

 

 

noritetsucom.hatenadiary.jp

 

 

noritetsucom.hatenadiary.jp

 

 

noritetsucom.hatenadiary.jp

 

格闘技をやる人はいじめられっ子が多い 職場の人間関係対処法

私も小学生時代いじめられて、中学生の時に格闘技をはじめました。親にはいじめられていることは口が裂けても言えなかったのですが、急に中学になってから180度違う格闘技の世界に入りたいといった時、どう思ったでしょうね?

空手、合気道、柔道、たくさんあった中で、最初に空手を習い始めました。まあ、基本ですね。思えば、もういじめられたくないという防衛本能が強かったから、格闘技をやり始めたんですが、いじめられっ子が格闘技をはじめるケースはとても多いそうです。純粋に強くなりたいと思ってはじめる人間はなかなかいないんじゃないでしょうかね。

私はブログタイトルにあるように、職場の人間関係の悩みで潰れそうになったわけですが、幸い中学・高校といじめの被害には会いませんでした。空手を始めたからかどうかわかりませんが、自信になったことは確かです。のちに少林寺拳法に鞍替えをしまして、けっこう充実していました。

ずっと今でも少林寺を続けていますが、空手をやり始めた当初を思えば、よく続いているなと思います。なぜか? 格闘技が好きだからもあるけれど、実はずっと自分を守ろう、舐められたくない、攻撃されたくないという防衛本能がさせていたんだということに気がつきました。純粋に強くなりたい気持は否定しませんが、深層意識の防衛本能が強すぎたことは、職場でも私を苦しめました。

自分を守って何一ついいことなんかないと今では思えるのですが、当時は職場でも舐められたくない、よく思われよう、みんなと仲良くやろうという思考に病的なほど取り憑かれていました。それでクタクタになってしまったわけです。

いじめられた経験は心の傷をつくってしまいますが、私の格闘技が心の傷までは治すことができていなかったことに気づかされました。防衛本能のためにやっていたからでしょう。もっと純粋に積極的に格闘技に向かい合っていたらまた違っていたことでしょうね。

職場の人間関係があまりよろしくない人は、けっこう格闘技をやっていたりします。ムキムキに鍛えていたり。やっぱり、私のようにいじめの経験があるからはじめた人じゃないでしょうか? 掲示板でもいじめられて格闘技をはじめた人が非常に多いことに気づきました。

 

noritetsucom.hatenadiary.jp

 

 

noritetsucom.hatenadiary.jp

 

 

noritetsucom.hatenadiary.jp

 

 

noritetsucom.hatenadiary.jp

 

 

noritetsucom.hatenadiary.jp

 

【職場の人間関係の悩み対処法】ブログの目次

ブログ主のノリテツと言います。

このブログは、会社など様々な職場で生じる人間関係の悩み(厄介ですな、ホント・・・・)に関係した記事を載せていきたいと思います。

私の職場の人間関係の悩みの話や、それに振り回された話。
一生人間関係で悩んでいくことになることに恐怖を覚えた話。
人間関係のしがらみに振り回されない自分になるべく決意した話、奮闘していく様を記述していきたいと思っています。

このブログを私のイジメのトラウマを治し、人間関係の悩みをすっかりなくしてくれた岩波先生へ捧げます。

 

[職場の人間関係の悩み対処法]は、

 

こちらに引っ越してきました。
またここから再出発です。

よろしくお願いします!

ノリテツ

f:id:noritetsucom:20150929093536j:plain

 

職場の人間関係の悩み対処法ブログの目次はこちら

 

 

noritetsucom.hatenadiary.jp

 

 

noritetsucom.hatenadiary.jp

 

 

noritetsucom.hatenadiary.jp

 

 

noritetsucom.hatenadiary.jp

 

 

noritetsucom.hatenadiary.jp

 

 

noritetsucom.hatenadiary.jp

 

 

noritetsucom.hatenadiary.jp

 

 

noritetsucom.hatenadiary.jp

 

 

noritetsucom.hatenadiary.jp

 

 

noritetsucom.hatenadiary.jp

 

 

noritetsucom.hatenadiary.jp

 

 

noritetsucom.hatenadiary.jp