こうして解決! 職場の人間関係の悩み対処法

職場の人間関係の悩みへの対処法と解決法を伝授。私が人間関係の悩みを解消した方法について記述していくブログ。 いじめのトラウマを克服し、メンタル強化とコミュニケーション能力向上をしていくことで、昔の劣等感や否定感がなくなり、自己肯定感や自信が芽生えてきました。 人は変われます、変われるのです!

いじめのトラウマを私はどう克服することができたか

結局のとこ、私の職場での人間関係のつまづきは、いじめを経験した心の傷から発する人間不信、劣等感、自己否定感、アイデンティティの欠如、コミュニケーション能力熟成の場の逸失、自信喪失が原因であることは火を見るより明らかでした。

 

どうやってスキルを向上させるべきか、話し方のテクニックを上げていくか、本を沢山読んできても、それで簡単に上達するようだったら世話ありません。いくら何をやってもスキル向上できない自分にまた劣等感を感じる始末です。

 

苦労はスキル向上だけではありません。私の潜在意識に巣食う心の傷をどう処理し、トラウマをトラウマとしなくさせるにはどうしたらいいのかてんでわかりませんでした。

 

たしかにトラウマに関する本を沢山読み、いじめ関係の本も読みました。どれも読んでいて気分が悪くなるものだったけれども(シンクロしてしまった)。しかし、トラウマがあることだけは知覚しながらも、どういう処理方法で心の重荷がとれるのかまでは、どんな本も示してくれていなかったのです。

 

いじめのトラウマを受け入れなさいと書いていたり、愛によって傷は癒えると書いてあったり、トラウマはそのままにしつつも自信を得られるチャレンジをしなさいとか、思考の改善によってトラウマでなくすることができると書かれてあったり。

 

どれも抽象的すぎて、受け入れろってどういう感覚? 思考の改善ってどうするの? プラス思考ができなくなっているから無理でしょと思ったり、とにかく実現させる方法までは実際にさせてはくれませんでした。

 

それもそのはず、それが本なのだから。 結局理論や理屈や理念では決していじめのトラウマを克服できないことに気づいたことは大きな収穫だったでしょうね。どちらにしても心の傷がうずかせてしまっただけで、表面の意識に登ってきたため、本を読んでも昔の苦しみで顔が一時期しかめっ面ばかりだったと思います。

 

いじめのトラウマは決して事実を事実として消すことは不可能です。実際起きてしまったことなのだから。問題はトラウマにどう向き合うかです。受け入れろというのはそういうことですが、受け入れられないのだからしょうがない。

 

感情的に絶対に受け入れてはいけないと私の全身が拒否をするわけです。いわゆる思考に感情が追いつかない状態ですね。

 

私のコミュニケーション能力不足を補うために、話し方やコミュニケーション関係の本も読みまくりました。自己啓発セミナー成功哲学系のプログラムにも参加しました。それは後に書いていきたいですね。

 

結局、原点はいじめの記憶だということに立ち戻り、どうにかしてトラウマを克服しないといけないと強く思い始めました。

 

私の職場での人間関係が不得手な原点です。 そうなると、思考に感情が追いつかないのであれば、催眠状態に入ることでトラウマの処理をしていくことがいいとの結論になりました。

 

あくまでこれは理論上の話で、催眠療法ではなかなか深く根付いたトラウマまで処理できないのですが。実際私は二軒の催眠療法を受けましたが、どれもがっかりでした。ただの理想論にすぎなかったのです。

 

つまり実力が理想に全く追い付いていない状態です。 巷にあふれる催眠療法はレベルが低すぎです。そんなものでお金を取るなと思います。

 

まあ、それはまた別の話なんですが。 しかし方向性は間違っていませんでした。思考を超えた感情の世界に入ることができれば、しかもそれが深ければ深いほど心の内面の処理が可能になるわけです。あとは理論だけじゃなく、実際に無意識の処理が可能ならしめるプロ中のプロに出会うことだと。

 

世の中にはいろいろな人がいるものです。私にとって、脳と潜在意識の分野において世紀の傑物たる存在の先生に出会うことになりました。

 

きっかけは口コミの評判の高さです。とにかくすごい、すごいと。別格とか別次元とか比較してはいけないほどレベルが抜けていると。

 

催眠療法にたくさん通っている人でも、ぜんぜん違うというその実力に私は興味を持ちました。しかもその先生自身がコミュニケーション能力が抜群だと聞くともうこの先生しかないと思い始めました。

 

その先生の名前はこのブログでも何度も出ているように、岩波先生のことです。非常にあけっぴろげなまさにコミュニケーション能力抜群の人ですが、鬼のような催眠トランス技術レベル【脳覚醒技術】の高さにはびっくりしました。

 

感動もしましたが、「え、なんだったんだ?」というぐらいインパクトがずば抜けていました。このトランス【脳覚醒状態)の質も後々より上質なものに変わっていくわけですが、最初の衝撃は忘れられません。まさにディープインパクトです。

 

この技術と特殊な意識が非常に変容する流れによって、私は劇的に心の根っこが変化しました。強くなり、ちょっとしたことでへこたれない人間になれました。

 

もちろんトラウマなんか関係なくなり、私は子供の時から抱えてきた多大な抑圧を消滅させることができたと思います。そこいらの自己啓発セミナーを受けたり、何百万円分の本を読み重ねても、その何十倍もの効果を得ることができたのでした。

 

この催眠状態のはるかに強化されたトランス状態(脳覚醒状態)でなれば、私のずっと抱えてきたいじめのトラウマも処理できるだろうと希望が湧いてきました。ついに本物に出会ったと多くの方が思う経験を私もしました。

 

涙がでるくらい嬉しかったです。やっと変われる、今の苦しい立場から脱することができると!

 

結局岩波先生のもとで、脳覚醒プログラム、会話の格闘術やあがり症克服プログラム、話し方弱点克服プログラムといった心理・脳内プログラム群をうけました。トラウマ処理をすることで私がずっと苦しんできた過去のいじめの辛い心の傷を治すことができました。

 

この事についての詳細も今後描写していきたいですね。

 

いじめと心の傷に関するノリテツの体験と記事はこちら

 

noritetsucom.hatenadiary.jp

 

 

noritetsucom.hatenadiary.jp

 

 

noritetsucom.hatenadiary.jp

 

 

noritetsucom.hatenadiary.jp

 

 

noritetsucom.hatenadiary.jp