こうして解決! 職場の人間関係の悩み対処法

職場の人間関係の悩みへの対処法と解決法を伝授。私が人間関係の悩みを解消した方法について記述していくブログ。 いじめのトラウマを克服し、メンタル強化とコミュニケーション能力向上をしていくことで、昔の劣等感や否定感がなくなり、自己肯定感や自信が芽生えてきました。 人は変われます、変われるのです!

いじめのトラウマを克服して(岩波先生プレゼンツ脳覚醒状態の絶大な効果)

悩みに過度に取り憑かれてしまう人は、必ず大小の心の傷があったり、もろくなる流れがあって現在に至っているわけです。私の場合はいじめのトラウマがその後の人生を決定づけました。

 

つまり人は悩むからには悩むだけの素材を心のなかに持っているわけです。弱点があるのは、弱点が生じるだけの経験が内面にしまい込まれているんです。

 

それが手の届く位置にあるのならば自己解決もできます。しかし、心には深層と言われるレベルがあり、そこにある悩みの素材は普通の方法ではまず手が届きません。

 

恵は私達を高めてくれるけれど、潜在意識や深層意識には無力すぎるんですね。

 

自己啓発セミナーで言われる「潜在意識を高めれば成功できる」ということも無責任すぎる気もします。成功できる人のほうが少数派なわけだから、どんだけ潜在意識が厄介なものかわかってくれると思います。

 

残念ながら多くの催眠療法自律訓練法といった潜在意識との対話を行う方法も、もっと次元の違う深さを誇る深層部には手が届かないのです。何かが心の奥に潜んでいるのは感じているけれど、どうにもできないもどかしさの中で私は生きていました。

 

いじめのトラウマはまさにそれです。 いじめは私の歴史からは決して消せません。

 

心も執着し、それにとらわれているから、劣等感や人間不信、コミュニケーション能力不足にまで至ってしまって、苦しい思いをたくさんしてきました。なにせ明るく楽しく生きられないのです。

 

心の底はどうにもできませんね。だから催眠に興味をもつようになり、行き着いたところは

www.mind-artist.com

という研究所をやっている岩波英知先生の心理脳内プログラムでした。

 

おそらく岩波先生の技術(※最近は脳覚醒技術というらしい)は、最も深い心の深層部に手を届かせるレベルにあります。 世の中で高く評価され、また一部には理解されないほどの飛び抜けたありえない技術です。

 

この脳覚醒技術が、従来不可能だと思われていた無意識の処理を可能にしてしまったそうです。 トラウマを気にしないようにしよう、受け入れてしまおうという思考にどうしても感情が追いつかない。

 

トラウマを受けいれたいのに受け入れられないこの矛盾した状態に答えを出せるのが岩波先生の脳覚醒技術でした。

 

私も催眠療法を受け、催眠の本、無意識の本を沢山読んできましたが、どれも理論だおれでした。レベルが低すぎてあっけにとられるぐらいのものです。

 

常識で考えれば、人間の批判力や理性が制限されて深い催眠状態に入れることすら、そして暗示にかかってしまうことすら難しいとわかるはずです。人間の批判力や理性の力をなめてはいけません。ことごとくプラス暗示を弾いてしまいます!

 

普通の状態でいきなり「あなたは楽になる、楽になる」と暗示をかけられてもかかってしまう人間なんていません。ましてや悩みが深い人間は批判力、人間不信の塊なのだから、暗示なんて余計かからないんです。

 

私もそういう人間でしたから、批判力だけが増してしまって、催眠療法は芳しくない結果に終わったのです。

 

一方、岩波先生の脳内の奥深くと無意識の奥底に誘導する技術は、思考に感情が追いつく状態になります。この場合の感情は過去の出来事を受け入れたくない、認めたくない、ないものとしたいという拒否反応で、とても強力です。

 

だからいくら思考で理論的に納得しても、感情までは説得できません。しかし、感情が説得できてしまうのが、岩波先生の技術の凄いところです。

 

トランス状態の体感の突き抜けた感覚は言葉で表現できないものです。ただひとつ言えることは、そこ以外では一生味わえない感覚であること、この感覚は何かを悟れるほど深く可能性に満ちた状態だということです。

 

とにかくすごさと感動(喜び)と効果です(人によって最初の反応は違いますが、いずれその世界に入っていきます ※課題をこなしていけば行くほど早くに)。

 

感情が自分の説得に聞く耳を持ってくれるため、例えばいじめについての解釈を変えることが可能になります。私も岩波先生からいじめのトラウマ解消のための説明(暗示)を深いトランス状態に入った時初めて入れてもらいました。

 

そうすると不思議と、すぅーっと何かが剥がれ落ちた感覚がしました。すごくホッとした感情と極上のリラックスがその後寄ってきました。私が母親のおっぱいを飲んでいた時以来かもしれない究極のホッとした感覚です。

 

どんだけ私はトラウマを抱えていたんだと、その時改めて悟りました。これじゃあ、病むな、病んで当たり前だ、悩んできて当然だし、潜在能力を存分に発揮できないのも当然だし、人間関係なんかうまくやろうとしたくてもできないものなんだと気づくことができました。

 

いじめのトラウマが現在につながっているのは頭では理解していたけれど、この時初めてつながったのです。感情的にピンとつながったのです。

 

あ、そういうことか! そうだそうだ! とものすごく嬉しかったです。この感覚は岩波英知先生のもとで治った人ならわかると思いますが、まさに私の全存在をかけて腑に落ちた瞬間でした。

 

この時から急速に私に自己肯定感が芽生え始めたのです。

 

 

いじめとトラウマに関連するノリテツがかいたブログ記事

noritetsucom.hatenadiary.jp

 

 

noritetsucom.hatenadiary.jp

 

 

noritetsucom.hatenadiary.jp

 

 

noritetsucom.hatenadiary.jp