読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こうして解決! 職場の人間関係の悩み対処法

職場の人間関係の悩みへの対処法と解決法を伝授。私が人間関係の悩みを解消した方法について記述していくブログ。 いじめのトラウマを克服し、メンタル強化とコミュニケーション能力向上をしていくことで、昔の劣等感や否定感がなくなり、自己肯定感や自信が芽生えてきました。 人は変われます、変われるのです!

格闘技をやる人はいじめられっ子が多い 職場の人間関係対処法

私も小学生時代いじめられて、中学生の時に格闘技をはじめました。親にはいじめられていることは口が裂けても言えなかったのですが、急に中学になってから180度違う格闘技の世界に入りたいといった時、どう思ったでしょうね?

空手、合気道、柔道、たくさんあった中で、最初に空手を習い始めました。まあ、基本ですね。思えば、もういじめられたくないという防衛本能が強かったから、格闘技をやり始めたんですが、いじめられっ子が格闘技をはじめるケースはとても多いそうです。純粋に強くなりたいと思ってはじめる人間はなかなかいないんじゃないでしょうかね。

私はブログタイトルにあるように、職場の人間関係の悩みで潰れそうになったわけですが、幸い中学・高校といじめの被害には会いませんでした。空手を始めたからかどうかわかりませんが、自信になったことは確かです。のちに少林寺拳法に鞍替えをしまして、けっこう充実していました。

ずっと今でも少林寺を続けていますが、空手をやり始めた当初を思えば、よく続いているなと思います。なぜか? 格闘技が好きだからもあるけれど、実はずっと自分を守ろう、舐められたくない、攻撃されたくないという防衛本能がさせていたんだということに気がつきました。純粋に強くなりたい気持は否定しませんが、深層意識の防衛本能が強すぎたことは、職場でも私を苦しめました。

自分を守って何一ついいことなんかないと今では思えるのですが、当時は職場でも舐められたくない、よく思われよう、みんなと仲良くやろうという思考に病的なほど取り憑かれていました。それでクタクタになってしまったわけです。

いじめられた経験は心の傷をつくってしまいますが、私の格闘技が心の傷までは治すことができていなかったことに気づかされました。防衛本能のためにやっていたからでしょう。もっと純粋に積極的に格闘技に向かい合っていたらまた違っていたことでしょうね。

職場の人間関係があまりよろしくない人は、けっこう格闘技をやっていたりします。ムキムキに鍛えていたり。やっぱり、私のようにいじめの経験があるからはじめた人じゃないでしょうか? 掲示板でもいじめられて格闘技をはじめた人が非常に多いことに気づきました。

 

noritetsucom.hatenadiary.jp

 

 

noritetsucom.hatenadiary.jp

 

 

noritetsucom.hatenadiary.jp

 

 

noritetsucom.hatenadiary.jp

 

 

noritetsucom.hatenadiary.jp